Month: 2月 2017

柴犬のかわいさ

「マツコの知らない各国」で柴犬の特集を通じていました。世界中で愛されていらっしゃる有名な茶柴のまるが飼い主氏と共に出ていました。まるは従来「モヤモヤさまぁ?ず2」の上野の回で見たことがあります。その時もまるのぷくぷくしたかわいらしさに魅了されましたが、今回もまた癒されました。
実家でかつて柴犬を飼っていたこともあり、犬の中では圧倒で柴犬が好きです。凛とした佇まいやコンスタントさに虜になります。そうしてプログラムもやっていましたが、柴犬は絶対に家では排泄しないのですよね。小綺麗好きなんです。
今は柴犬人気らしいですが、私もまた飼いたくなってきました。
そういえば、最近になって母がこっそり話してくれました。
何故元主人を、そこまで否定してしまったのか、それは本質が好きになれなかったからだそうです。
そうなんですよね。
僅かぼくは、その演説を聞いた年月、「何とも」と思いました。
別の理由で頑張ってほしかった割り当てがあったのですが、母から見ると、スゴイヒューマンに見えたようで、次いで、嫌がってしまったようです。
で、現に、母の恐れはあたって、ぼくは絵空事のガッツ病人という名をつけられていらっしゃるけれどね。
抱腹絶倒ヒューマンにくっついた私も、どうしても行く先、40階層を賢く生きたいものですけれど。

口だけのボク

退職族のダディーという結婚して、退職によって稼業をやめました。
2?3時で退職があるので、正社員の稼業には付けず、
割り当ての対面も、退職がある意図当たるって、よく相応しい面構えされません。
今さらながら「秘訣に現職って大事なんだな…」と。
何処へ行ってもできる稼業とか住居で行える稼業があればって、
株運用してみようか?手作り作って売ってみようか?やむを得ず何か権利を…
とダディーに相談してみますが、
「これやりたい!これやりたい!っていっつも口だけだよねぇ」と呆れ顔されます。
「いうだけただでしょ!言ったもん成就でしょ!」という開き直って、個人を昇進させて得る何かはないかとネットで発赤見い出すきょうなのです(笑)
子供が小さい時によく一緒に見ていて、今は子供はさっぱり大きくなってひとりで見てます。子供放送って一心に出来てるな~と感動しっぱなし。出演やる子役が何年かしてドラマやCMに出てるのを見つけると「大きくなったなー」という親類の女性ものの心情になります。
そんな日々の中で驚きことがありました。ハイスクールの時の同級生から久しぶりにコネクトがあって「子供放送で流れる歌のアニメーションを受け持ちしたから良かったら見てね」というのです。ぼくが毎朝見てる放送だ。TVで過ぎ去るマンガや歌も誰かが作ってるハズですが作ってる人のことは考えたことがありませんでした。その同級生が昔から図説を描いてたのは知っていたけれどさらに頑張ってたのだなーというと感慨深いだ。久しぶりに子供と共に見ました。楽しくて頼もしい歌でした。

休暇で世帯が出かけていて単独留守番だ

休暇ですが引き取り手はあなた用件があり出かけているので自力留守番しています。正確には愛犬がいるので自力と一匹ですがリビングにおける気体ストーブの前に寝転がっているので話し相手にもゲーム相手にもなりません。
正午はカップラーメンがあったので食べましたが最近のものは昔に比べてインスタントでありながら麺やスープが向上していることは確かです。目下太り気味なのでこれだけだなそうかと思っていましたが、冷蔵庫にフランスパンがあったので電子レンジで温めて食べました。
メンテや洗濯を干したものを夕刻組みこむことになっていますが、それまでは録画しておいた映画もみようとポテトチップってコーヒーを用意しようと考えているところです。
寒くなってきて、こういうウィークぐらいで急にトータルが乾燥に…
ひじなんて粉吹いていました。
慌てて薬屋へ滑り込み、買ってきました「ニベアクリーム」!
あの青い缶、昔から変わらず楽しますよね。
缶を開けたときの優しいニベアのエッセンシャルオイルも落ち着く~
お風呂乗りに全身にぬりぬり。
加算はいまひとつ悪いんですよね、ここ。
それでもこっくりしたクリームが断然保湿してくれてる感じがして良いです。
ひじやひざには繰り返し備え。
あすはカサカサがだいぶ抑えられていて!有難うニベア。
缶はふたが空き易いので、チューブタイプを買って持ち運ぼうかな。
冬季は上がついた缶も出てて可愛いのでいいですよね!
カサカサ虎の巻は1日にしてならず!毎日頑張ってぬりぬりしていきたいと思います。

冬季は優等狙いでアイスを楽しみたいだ。

今日は、夕御飯の買い物に出かけたついでにセブンイレブンへ寄りました。ウェブの食い道楽データベースで紹介されていた「セブン割り増しバターが贅沢に香るクッキー」が食べたくて、敢えてそれだけの為に寄ったのです。サロンの中のアイスボックスを覗いてみると、複数個だけ販売されていました。素早く買わないと売り切れるかもしれないと思って、お試しに仲間買ってみました。既に朝夕冷え込むようになった天候の中央、刺々しいアイスを食するなんてといった、大抵の人からは神業がられそうですが、アイス信者のこちらには旬は関係ありません。さっさと実家に持ち帰って、夕御飯昔なのにインスパイア。クッキー故郷って中央のアイスクリームの割合が絶妙で、アイスを食べて掛かるという直感を忘れさせます。まだまだ白々しいケーキを食べていらっしゃるような気分です。ボディも冷えません。これならば冬場も食することが出来そうだ。終始バターものの味わいがして、クッキー故郷をますます上手く引き立てていらっしゃる。少し10分ほどの間隔ですが、チラチラ贅沢な間隔を過ごせました。これからも好条件狙いのセブン割り増しのアイスを追い求めようと思います。
わたしはたばこにおいて想うことがあります。それは、全ての辺りで禁煙としてほしいということです。わたしはたばこは吸いませんし、たばこが好きでないので、近くでたばこを吸って要るクライアントがいるといういい気分ではありません。たばこには受動タバコという問題がありますし、吸わないでほしいだ。禁煙でなければこちらからは何も言えないので、全ての辺りで禁煙としてほしいのです。吸いたいなら持ち家というのが一番です。もしも何となくクライアントが集まる辺りで吸いたいならば、他所からは隔離された所にタバコブランクを設ければいいと思います。たばこを吸うクライアントも吸わないクライアントも快く暮すにはそれが一番です。